副業の考え方【本業を活かす・仕組み化・横展開・単価】

スポンサーリンク
Business
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!ともわん(@TomoOne4)です。

昨日経営者の方とお話をする機会がありました。

そこで、企業で働いているなかで、収入を上げるには副業との掛け算が1番有効だと思いました。

僕は、今の所はいきなり独立して1本でやっていくという感じはまだ考えていないので、副業を軌道に乗せることが最重要課題です。

TomoOne
TomoOne

本業の収入を入れつつ、副業で収入を増やし、本気で取り組みたいものに出会った段階でブーストをかけるようなイメージでいます。

例えば、

月10万円の副業をすると、年収が120万円増えるということになります。

月10万円であれば、全く不可能では無いですよね。

後は仕組みでこの単価を増やしていくことと、数を増やしていることが重要です。

となると、副業の考え方が超重要になってきます。

スポンサーリンク

副業の考え方

僕の副業の考え方をまとめるとこのようになります。

【ともわん的副業の考え方】
・本業を活かせるもの
・仕組み化できるもの
・横展開できるもの
・単価がある程度上がるもの

本業を活かせるもの

まずは、本業の知識や経験が活きるところがベストだと思っています。

不動産系であれば、不動産のためになる情報を自分なりに伝えるようなブログを作ったり、Webエンジニアであれば、受託で企業や個人のWebサイトの構築を行ったり、SEO系であれば、WebサイトのSEOコンサルや作業を代行したり、など色々考えられます。

「本業はマジやってらんないからそんなのやだ」

という方は、好きなことや熱中できることでやっていくのがいいです。

仕組み化できるもの

そして仕組み化です。

なるべく人がガッツリ入って行う部分を省けるものを選びたいです。

例をあげると、

WordPressを使ったWebサイト制作などは、自分で特定のテーマを選定してそのカスタマイズを行うようにすれば仕組み化して手間を削減することができます。

これは、お客様にとっても良いことでその分早く成果物を見れるわけですから。

ライティングはここまで仕組み化はできないと思いますが、ある程度は構造を仕組み化することはできます。

横展開できるもの

次に、横展開できるものです。

例えば、

大きい規模の企業と取引ができたら、そこで成果を上げることで他部署展開ができることがあります。

また、

小さな企業のお客様に仕事をすると企業を超えて評判が伝達することもあります。

もしくは、Uber Eatsの配達をしている場合も横展開できます。

Uber Eatsの経験をTwitterやブログに書くことで、かなりの閲覧がされることもあります。

単価がある程度上がるもの

最後が、単価がある程度上がるものです。

単価が上がらない、上がりにくい仕事もありますがなるべくそういった仕事は最終的に手放していくようにしたいところです。

ある程度の上限単価が決まっているものには気をつけましょう

副業の考え方のポイント

副業の考え方の中でのポイントもあります。以下の3つです。

【副業の考え方のポイント】
・実力
・知名度
・仕組み

この三拍子が揃うことが重要です。

実力

実力を上げるためには、

まずは、 クラウドソーシング「ランサーズ」会員募集(無料) クラウドワークス で仕事をいくつか経験していくこと、

また、チャンスがあれば、知り合いの方の会社などのお手伝いをすることがいいと思います。

そういった意味では、転職をするというのもとてもいい選択だと思います

僕もそういったフェーズなので少し前に記事に書いていますのでぜひご覧ください。

知名度

知名度が上がれば依頼が来ることもあります。本業や副業などやっていることでの知名度をどんどん上げていくことはとても重要です。

今であれば、Twitter、Instagram、YouTube、ブログやコラムなどで気軽に発信ができるのでブランディングしていくことが重要ですよね。

仕組み

仕組み化のところでも書きましたが、仕組みにできるとものすごく強いです。

仕事が増えてくると、自分だけではどうしようもなくなってくるのでポイントとして入れました。

どこかに上手く食い込めれば、後は誠実に期待を上回り、横展開をしていくだけです。

最後に:副業の成果はこれから積み上げ!

まだそういう僕も収入が毎月何十万もあるわけではないので、自分を実験体にしてこの考えを検証していくつもりです。

変化があったらまたブログで書こうと思います。

お楽しみに!!

タイトルとURLをコピーしました